妊娠初期の栄養について

妊娠初期にはビオチンを摂ろう

妊婦さんに摂ってもらいたい栄養のひとつはビオチンですね。

 

妊娠初期に、ビオチンが欠乏していると良くないんですよ。
高確率で口蓋裂、小顎症、短肢症などの奇形が生じる事が分かっているからなんです…。

 

出来るだけ多く摂取できるようにしましょう!
ビオチンは、水溶性なので多く摂ったとしてもちゃんと排出されるので安心ですね。
栄養素によっては、あまり摂取しないほうがいいものもありますが、ビオチンは毎日摂っても大丈夫ですね。

 

ビオチンは、ビタミンB群と一緒に摂ることでうまく機能します。
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12や、葉酸、パントテン酸などと一緒に摂るようにしましょう。

 

多くの食材にビオチンは含まれます。
バランスよく食事をするように心がけましょうね。

 

レバーやイワシ、緑黄色野菜、マッシュルームなどに多く含まれます。
水溶性なので、加熱しすぎると無くなってしまうので気を付けてくださいね。

 

煮物などにする場合は、煮汁も一緒に摂るようにしましょう。