きちんと摂りたいビタミンD

きちんと摂りたいビタミンD

妊娠初期に必要な栄養素のひとつは、ビタミンDです。

 

妊娠中にビタミンDが不足していると、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群になりやすくなります。
小さな赤ちゃんが生まれやすくなったりも…。

 

なんとビタミンDは、日光浴で作ることができます!
毎日、手のひらを太陽に向けるようにしましょう。
散歩などをして、毎日太陽の日を浴びるのもいいですね。

 

ビタミンDを多く含む食品を紹介しますね。
キクラゲや、サンマ、マイタケ等のきのこ類に多く含まれています。

 

妊娠中は、成人の約3倍から4倍のビタミンDが必要だとされています。
ただ、ビタミンDはビタミンAと同様に、体内に蓄積されやすい特徴があるんですよね。
過剰に摂取しないように気を付けましょう。
尿毒症になる可能性もありますよ。

 

きちんとビタミンDを摂ることで、生まれてくる赤ちゃんの骨が丈夫になります。
様々な栄養素を、バランスよく摂るようにして、お母さんも赤ちゃんも元気でいられるようにしましょうね。